今回ご依頼いただいたのは、屋根と外壁の塗装工事です。この一帯の戸建て住宅の屋根は、他の屋根と少し違っていて、北面がコロニアル屋根、南面が瓦棒という金属屋根にガラスが乗った屋根です。その部分を集熱屋根というそうです。

集熱屋根とは?

 

集熱屋根とは、金属屋根の熱の伝わりやすさを利用し、冬は暖かい日中の空気を、夏は涼しい夜の冷気を屋根を伝って収集し、ダクトで床下に蓄積。自然のエアーコンディショナーとして利用するという仕組みのものです。

近隣のお住まいにこのタイプの家が多いので、この一帯を開発されたハウスメーカーさんの仕様だったのでしょう。

住まいやすそうですね(^^♪

屋根塗装の過程

集熱屋根のガラス屋根部分は外すと大変な作業となるため、太陽光パネルと同様、乗っている部分以外を塗装させていただきます。

コロニアル部分も、金属屋根部分も、屋根塗装の工程自体は3度塗りと変わりません。

下塗りに使うプライマーは、素材に合わせてチョイスしますので、金属屋根の場合は錆止めを使用させていただきます。

 

 

その後塗布させていただく塗料は一緒のスーパープロガードフッ素遮熱となりますが、屋根の下地によって保証期間が変わってしまいます。

金属部分への塗装は、どの塗料であっても保証は1年間とさせていただいております。

スーパープロガードフッ素遮熱をコロニアル屋根に塗布させていただいた場合、保証は5年となります。

外壁塗装部分

施工前

 

外壁塗装には、こちらも岩建ホームテックのオリジナル塗料である、プロガードTPを使用させていただきました。暗すぎない優しい灰色とのツートンカラーが最近の住宅風でおしゃれです。

使用塗料

外壁塗料:プロガードTP/SS-308(濃い優しいグレー) IW-008(ペールグレー)

屋根塗料:スーパープロガードフッ素遮熱/IW-109(クロイロ)