施工前

モールディングがついたデコラティブなおうちの外壁と屋根、塀の塗装をご依頼いただきました。

遠目でも、少し汚れている印象はありますが、細部を見ると全体的にくすんでしまっているのがよくわかります。

こちらの外壁は、ジョリパッドという塗材で、ざらざらとした質感とマットな仕上がりが特徴です。

その特徴がゆえに、メンテナンスは少し大変です。

外壁塗装工程

今回の外壁と屋根の洗浄には、水しぶきが飛散しないタイプのサーフェイスクリーナー(洗浄機械の名前)を使用させていただきました。細かい凹凸に入り込んだ汚れを近距離から水流で掻き出します。

その後、シーリングを塗布し、塗料を塗っていきます。今まで同様質感を活かすためにも、塗料はジョリパッド専用の塗り替え塗材のジョリパッドフレッシュになります。通常の外壁塗装同様、中塗り、上塗りと2度塗布いたします。

モールディング部分は形状に適した道具で丁寧に塗ってきます。工程は、外壁などと同じく、プライマー(下塗り)、塗料(中塗り・上塗り)の3工程となります。

屋根塗装工程

屋根の塗料はエスケー化研のヤネフレッシュSiを塗装させていただきました。以前のグレー系の屋根から、明るいえんじへの塗り替えとなります。

今回の屋根はスレート瓦のコロニアル屋根ですが、最後に縁切り(えんぎり)作業をします。

スレート瓦の場合、瓦自体がとても薄いため、塗装で塗料により上の瓦と下の瓦がくっついてしまったり、そうでなかったりします。

これを一律に切り離してしまわないと、中に水が入り込んでしまった場合、逃げ道がなくなり雨漏りの原因となります。

また、まずが逃げやすいよう、瓦間に一定の間隔をあけるタースペーサーを取り付けます。