傷んできた屋根を中心に、外装をまるっときれいにリフォームされました。

施工前

屋根の上葺き工事(2022年新色!) 

施工前

屋根は傷みがひどく、コロニアル材の剥離が見られました。

金属屋根による上葺きは、現状の屋根材の上にもう一層屋根を乗せる工法。この工法ですと、旧屋根材の処分費もかかりません。

軽い屋根材である必要があるため、金属鋼板に、断熱材を合わせた、スーパーガルテクトをお勧めさせていただきました。

今回採用いただいたスーパーガルテクトのカラー[シェイドワインレッド]は2022年に発売された新色です! こちらのお客様が弊社では初採用です☺

金属屋根材の難点として、雨音などが気になるということがあるのですが、こちらのスーパーガルテクトは、断熱材が音も吸収するため、雨の日もさほど気になりません。

屋根上葺き施工過程

 

屋根をきれいに洗浄し、付帯物の板金や雪止め金具を外し、既存の屋根をフラットな状態にします。

その既存の屋根の上からルーフィングを敷きます。

ルーフィングは道路工事などにも使われるアスファルトをシート状にしたもので、水がしみこまずはじく性能を持っていますので、防水に最適です。

その上から、新しい屋根材を葺いていきます。

外壁塗装工程

①シーリング

今回のお客様は窯業系外壁のお客様のため、外壁材と外壁材の間に打たれているシーリングをまずやり替えました。

一旦はがし、プライマー(のりの役割の下地)を塗布した後、打ち替えます。

②外壁塗装

今回塗布させていただいたのは、プロガードTPという、岩建ホームテックオリジナルの塗料です。

もともとの窯業系のサイディングにはレンガ調のテクスチャーがプリントされていましたが、経年で色あせてしまったため、思い切って塗りつぶし、お好みの色で塗装させていただきました。

洗浄、下塗り(プライマー)、中塗り(プロガードTP)、上塗り(プロガードTP)の順で仕上げます。

③その他部分塗装

外壁との切り替え部分である、水切り・破風・帯板や、ベランダのトップコートも塗布させていただきました(^O^)

屋根材/IG工業 ガルテクトスーパー シェイドワインレッド

外壁塗料/プロガードTP SS-229 SS-321

付帯部分/日本ペイント ファインパーフェクトトップ