外構で現在土のままとなっている部分に囲いをつけ、安全に過ごせるスペースをご希望されておりました。

施工前

ブロック工事をするにあたり、止水栓が干渉するため、水道メータと止水栓の移動工事もさせていただきました。

ブロックを配置するためのコンクリートの基礎を作り、ウッドデッキの足の部分を取り付けます。

  

ウッドデッキの足元は土間コンクリートとし、モルタルで仕上げます。

ブロックを積み、フェンスを乗せて囲いは完成。地面は除草シートを敷きこんだ後、人工芝を敷かせていただきました。

門扉がついているのでアクセスも良く、防犯性も高くなっています。

 

採用建材

LIXIL フェンスAB/YT-2型 門扉 TM-2型10-16片袖
LIXIL ウッドデッキ レストステージ/1.5間×3尺