「お客様と対話しながらお料理やお茶を楽しみたい」そんなお客様の要望から叶えられたキッチンリフォーム。

 リフォーム前は、壁付けのキッチンにガス調理器。

また、リビング部分とキッチン部分は、ひとつながりの空間ながら、食器棚に耐震ツッパリ棒で間仕切っていらっしゃいました。

そのせいで空間がやや狭く感じられます。

システムキッチンを室向きにすることで、キッチンも明るくなり、間取りは変わらないのに圧迫感がなくなり広く使えるようになりました。

プランニングパース

採用キッチンはLIXILの【リシェルSi】ペニンシュラI型228cmタイプです。

設備は「食器洗い乾燥機」と、こだわりって施主支給していただいた「ビルドイン浄水栓」 。
実は加熱調理機をビルドインしませんでした。お客様の使い勝手から、卓上IHクッキングヒーターを置きたいとのご希望だったのです。
しかし、油跳ねなどは気がかりなので、加熱調理機を設置する部分の前面に、強化ガラスを配し、フラットな換気扇も取り付けました。

 

施主支給とは、「どうしてもコレが使いたい」とお客様がキッチンメーカーのカタログにない製品をお取り寄せされ、当方で設置工事をさせていただいた製品です。
メーカー製品につける場合、発注前の調整が必要となりますので、今回のようにあらかじめご提示いただければ、組み込める場合もございます。ご相談ください。