弊社の「ベランダの防水工事」には保証のないもの、1年保証の工事、5年保証の工事がございます。[トップコート]と呼ばれる、現在の防水膜の上に、防水塗料を塗布する場合は1年とさせていただいております。例えば、今回のお施主様のように、防水膜に亀裂が入り、雨染みしてしまっている場合、[トップコート]の塗布だけでは、修繕になりません。[FRP防水工事]が必要となります。この工事は5年保証とさせていただいております。

塗膜が劣化している施工前

 

 

雨染みが消えず塗膜が劣化しています。ベランダ中央には亀裂。排水ドレンまわりも傷んでいます。

亀裂の中身は腐食が進行中

塗膜層をはがしてみると、中の構造用合板や材木は腐食が進行中です。

補修① シーリング

これ以上水がしみこまないように、防水シールでフタをします。

補修② 下地作り

 ベランダ自体を新たな構造用合板でおおいます。水勾配といわれる、はける水が流れる方向を調整しながら合わせます。

水が角にたまって傷まないよう、角部分に三角の部材を取り付け、排水溝には新しい排水ドレンをかぶせます。

 

全体にFRP防水プライマー(下地材)を塗布します。重ねてFRPの繊維も敷きます。さらにFRP防水プライマー(下地材)をかぶせ塗りし、分厚い防水膜を作ります。

仕上げ

FRP防水部分の仕上げに、防水塗料を均一に塗布します。ドレン部分には葉っぱなどが詰まらないよう、キャップを取り付けます。

今回のお花の形のキャップ、かわいいですね(*´ω`*)

 

最後に、サッシとの接合部分などにコーキングを打ちます。ついでにアルミベランダの突き付けや接合部に、水が入らないよう、こちらもコーキングして、完成です!